評判のいい心療内科の探し方

公開日:

評判のよい心療内科の探し方

同じ轍は踏まない。前回行った心療内科は家に一番近いという理由だけで選んで失敗した。今回は、口コミサイトを見て念入りに探した。最寄駅から2駅のところに評判のよい心療内科を見つけることができた。

選んだ決めては3つ

  • 口コミで評判が良かった
  • 病院のホームページの掲載内容が信頼できた
  • 家から通える範囲

当然口コミサイトには感謝するが、特に2つ目の病院のホームページに書かれていることが重要だと考える。私が選んだ診療内科のホームページには、「○○な症状で悩んでいる方」「××が痛くて困っている方」など具体的な症状の下に「こういった症状がある時にお手伝いできる」と書いてあった。心がないと絶対出てこない言葉だと直感で思った。

[スポンサーリンク]

2014年6月某日の回想シーン

私「××な症状で困っています。予約できますか?」

病院に人「はい。今日は無理ですが、○日の×時にこれますか?」

私「行けます」

翌日

私「○○です」

病院の人「では、問診票とこのテストに記入お願いします」

私「はい」

私は問診票とテスト形式の診断表(20設問くらい)に記入した。15分くらい待つと奥の診察室に行くように言われた。

私「よろしくお願いします」

先生「今日はどうされましたか?上司からのパワハラが原因で体調を崩されたようですね」

私「はい、実は半年前くらいから…(パワハラの内容を説明)」

先生「それはつらかったですね。先ほどのテスト結果からも鬱(うつ)症状がはっきりと出ています」

先生「身体に出ている症状はどんなものがありますか?」

私「異常なほどの倦怠感や頭痛、それと喉がやたらと乾いたり…」

先生「眠れていますか?食事は?」

こういった問診からはじまり、丁寧に薬についての説明などをしてくれた。その他、今後どう治療していくかなども相談に乗ってくれた。鬱と診断されたのはショックだったが、ほっともしていた。なぜかというと、鬱と診断されなければ、「甘えじゃないの」「我慢が足りない」と感じる人も一定以上いるだろう(当人しか分からない。目に見えないモラハラ特有の怖さがここにある)。実際それは正しいとも思う。けど、当人はそうではないのだ。モラハラで困っているあなたなら理解出来るだろう。

評判のいい心療内科の見つけ方

口コミサイトで探す(因みに私は「病院の通信簿」というサイトで探した)。口コミサイトで探した後、必ず病院のホームページを読み、自分の求めている診察が受けられそうか確認する。最後に、どんなに評判のよい心療内科でも通える範囲で選ぶことも重要だ。私の場合は、1週間に1度のペースで通院している。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
評判のいい心療内科の探し方
ページTOP ↑