共依存の関係がモラハラをエスカレートさせている

公開日:

共依存カップル

モラハラが精神的に辛いのは、自分が信じている相手からの心ない言葉や態度です。傷つくけど、心のどこかで相手を信じたいと思い続けてしまうから、余計につらいんでしょうね。でも、そのずるずるとした共依存の関係がモラハラをエスカレートさせているかもしれません。

先に私の結論を伝えます。それは「モラハラ被害を自覚したら、一秒でも早くその人から逃げること」が最も大事だということです。

理由はこの後にお伝えしたいと思います。

[スポンサーリンク]

モラハラを受ける理由で、唯一あなたに原因があるとしたら「依存心」かも

モラハラは100%加害者が悪いと思いますが、相手のモラハラを助長させてしまう原因としては、被害者の依存心が挙げられます。

加害者は自分を必要としている存在を探しているから、ある意味ベストパートナーの関係ですが、他者に依存しやすい傾向の人はそれだけモラハラに遭いやすいということにもなります。

仮に自分は依存心はないと考えていても、たとえば「相手のことを理解できるのは自分だけ」と思っている人は危険です?

まさに加害者と共依存の関係になれるタイプだからです。依存心こそモラハラをエスカレートさせてしまう最大の原因なのかもしれません。

共依存から脱却することが、モラハラをエスカレートさせない手段です

たとえば収入面で依存しているのであれば、自分で稼ぐようになればいいんです。精神面で依存しているのであれば、自立心を鍛えるようなことをすればいいんです。相手への依存度が低くなれば関係も変わるかもしれません。そうすれば、これ以上モラハラもエスカレートしないかもしれません。何よりも依存心がなくなれば、相手の存在にこだわる必要もなくなります。

共依存の関係を続けていては、結果お互いを不幸にしているかもしれない

被害者も加害者もモラハラが続くことはメリットはありません。少なくとも被害者には1ミリもメリットがありません。なので、相手の言動がモラハラと感じたり、最近言動がエスカレートしているなと感じたら、できるだけ物理的な距離を置きましょう。あなたの思考が完全に止まる前にモラハラ被害者が加害者から離れることは、お互いを助ける最良な判断だと私は思います。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
共依存の関係がモラハラをエスカレートさせている
ページTOP ↑