躁うつ病(双極性障害)と普通のうつ病と何が違うのか調べてみた!

公開日:

ハイテンション

躁うつ病はうつ病と何が違うか正しく理解していますか?なんとなくは知っているけど詳細は知らないですよね。今回の記事では、躁うつ病とはどんな病気なのか書いていきたいと思います。病気に対して正しい知識を身に付けて治療または予防に役立てていきましょう。

躁うつ病と普通のうつ病は何が違うの?

普通のうつが気持ちが沈むのに対して、躁うつは気持ちが高まる時と気持ちが沈む時の両方の症状を持っているのが特徴です。なので、双極性障害と呼ばれることもあります。また、通常の人の感情の起伏より激しく上下することも特徴です。自分ではコントロール不能なのが厄介なところです。脳内の神経伝達が影響して引き起こされる症状のため、薬を中心にした治療で回復を待ちます。

躁うつ病の症状とはどんなもの?

躁うつ病の症状にもタイプがあり、1型と2型に分けられています。

1型の症状は、気分やな面が全面に出ます。たとえば、自分はすごいと思い込んだり、ちょっとしたことで激怒したりと周囲を振り回します。妄想や幻聴が症状として出ることもあります。

2型は1型に比べると比較的に症状は軽く、妄想したり幻聴が聴こえることはありません。気分が昂揚しますが、激怒することもありません。しかし、気づくと疲れが溜まったり、イライラしてしまうなどが起こります。自分でも知らぬ間にストレスを溜めこんでしまいます。こういった状況が続くと、衝動的な行動に出たり、あれこれと落ち着きのない態度が目立つようになります。しかし、日常生活には影響が出ていない範囲のため治療が遅れるケースがほとんどです。

躁うつ病はどんな人がなりやすい?

人付き合いが良く、ユーモアもあり、興奮しやすく、活発な循環気質の人。落ち着いていて、真面目で几帳面な完璧主義なところを持つ粘着質な人。その他、思い込みが激しかったり、頭の切り替えが下手といった特徴も発見されています。メランコリー親和型(断れない、気を遣う、悲観的のような特徴を併せ持つ人)もタイプとして挙げらています。

最後に「躁うつ病」のチェックをしてみましょう

以下の特徴が多く見られたら「躁状態」の可能性があります。チェックしてみましょう。

  • 早めに目が覚めることが多い
  • 過食気味である。食べ過ぎてしまう
  • 浪費癖がある。一日の内に何回も買い物に出掛けたくなる
  • 他のことが気になったり落ち着かないことが多い
  • 着飾ったり、原色の色を好むことが多い
  • 異性への興味・関心が強い
  • おしゃべり。誰とでも話す
  • 自己主張や要求を通さないと気が済まない
  • ちょっとしたことで喧嘩する。怒りっぽい
  • 大きいことを言ってしまう
  • 他人から表情が生き生きしていると言われる

いかがだったでしょうか。「躁うつ病」について少し詳しくなりましたね。私が思ったことは、どこから病気だという線引きが非常に難しい病気だなと思いました。私たちが準備しておくべきことは、病気に対しての正しい知識を身に付け予防することです。体調や心のバランスを崩した際は、近くの医師に相談するなどしましょう。早期発見が一番です。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
躁うつ病(双極性障害)と普通のうつ病と何が違うのか調べてみた!
ページTOP ↑