タモリさんの名言は心に沁みる。うつ病の人に紹介したい名言3つ

公開日:

タモリさんの名言を紹介していいかな~?いいとも~

うつ病ってどうなったら完治なのか、再発の可能性が低くなるのかまったく分かりません。症状が無くなった今も不安です。

ここ最近は気にしないように心がけています。私の場合、モラハラという原因ははっきりしてますが、いつから自分が病気だったのかは不明です。心療内科の先生に診てもらったときが発症日(うつ認定)でしょうか?

昨日偶然に観たDr.倫太郎というドラマでタモリさんの名言が使われていました。

そんな今日このごろ、改めてみるとタモリさんの名言は、うつ病の人向きだなと思いました。自分も名言をネットで広い集めて読んで、なんだか元気になったので、特に気に入った名言を自分なりの解説を付けて3つだけ紹介したいと思います。

[スポンサーリンク]

タモリさんの名言その1「自分のモノサシを持つ大切さに気づく名言」

独善とは善意の服を着てやってきて、嫉妬はいつも正義の服を着てやってくる

正論に聴こえるようなことがいつも正義とは限らないですよね。大切なのは自分のモノサシを大事にすること。お金持ちよりも自分のモノサシをちゃんと持っている人の方が魅力的です。周りばかり気にしないで、間違ってもいいからどうどうと自分の意見を持てるようになることが、うつ病の抑止につながるのでは思いました。

タモリさんの名言その2「悩み過ぎるのはやめようと思う名言」

抜け毛は気にするとダメなんだ。オレなんか、気にするのをやめたとたん、ピタっと止まったよ

悩まずにはいられないけど、真理をつく言葉です。いろいろ悩んで落ち込むことはあるけど、開き直って気にするのやめたらいい方向に向いたなんてことありますよね。悩み過ぎて、どツボにはまりそうな人に紹介したい言葉です。

タモリさんの名言その3「完璧な人なんていないことを再確認」

いまだに何かをわかったわけでもなく、ただ迷いつつ手探りでやり続けております。

タモリさんに言われると考えさせられますね。人生経験が豊富な人でさえ、迷いながら進んでいることを知ると勇気づけられます。うつ病になったからと言って必要以上に臆病になる必要はないのかも知れませんね。一番気にしているのは自分ということです。タモリさんのすごいところは、やり続けていることですよね。ずっと迷いながら進んでいたら、いつか立ち止まってしまいそうです。立ち止まってもまた歩きだそうと勇気をくれる言葉ですね。

タモリさんの名言はいかがでしたか?

この3つの名言だけでも、なんだか元気な気持ちになりませんか?今日紹介した名言の他にもたくさん名言が簡単に見つかりました。ちょっと元気が無くなったときは、タモリさんの少しユルイ系の名言で、凝り固まった心をほぐしてみてはいかがでしょうか

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
タモリさんの名言は心に沁みる。うつ病の人に紹介したい名言3つ
ページTOP ↑