ランニングで健康な心を取り戻す

[公開日] [更新日]

ランナー
うつ病をランニングで克服した人がいるそうです。

早速本題に入りますが、休職中に家に閉じこもっていると、嫌な出来事を思い出す。結果、落ち着かなくなり、部屋を行ったり来たり徘徊したりするようになる。とにかく自分で不安を掻き立ててしまうことがよくあります。

そういったときにランニングは最適です。私は毎日決まった時間に30分だけ走っています。
速度は歩きよりちょっと早いくらい。

笑ってしまいますが、ランニングをはじめた初日に膝を痛めました。走って100メートルくらい進んだところで、膝に激痛が走りました。膝が治るまではウォーキングに切り替えてましたが、精神的な効果ではランニングが断然によいです。

なんたって走っているときは、苦しくて何も考えられないですもの。
20分くらい走っていれば汗も出てくるので、とても爽快な気持ちになります。なんだか、モラハラを受ける前の自分を少し思い出せました。

以下、私が毎日日課にしているランニングの内容です。
ポイントは、毎日続けられる内容ということです。

この記事の目次はこちら

用意するもの

  • ランニングシューズ(重要)
  • Tシャツ
  • 短パン

ランニングのルール

  • 毎日30分間(最後の5分は歩いてクールダウン)
  • 時間帯は朝
  • 距離5キロくらい(最初は3キロくらいで十分)
  • コース毎日変えている
  • 雨の日は休み

最初はルールもへちまも無かったのですが、毎日走っているうちに自分の中でルールが出来上がってました。もともと走るのは好きではありませんでしたが、今は楽しみになってます。

ページTOP ↑