うつ病を克服!挫折とは思わず経験と思って

[公開日] [更新日]

心が晴れた

今日の記事は、私がある人からうつ症状を発症した際に言われた一言について書いています。私自身、心が不安で満ちてしまったときに、思い出すと少し心が楽になります。この記事を読んで少しでもみなさんの心が楽になればと思います。

うつ病になって、少し病状が楽になってくると思うのが今後の人生のことです。
その中でも、一番の不安要素は再発してしまうことです。また同じ環境に身を置けば、元に戻ってしまうのではないかと不安になりますよね。私も同じでした。

そんなとき、会社で過去うつ病で苦しんで、現在は克服されてバリバリ働いている方から暖かい言葉を掛けてもらいました。何気ない励ましの言葉です。ありきたりです。でも、凄く勇気づけられました。

『この経験が、あなたの今後にとって絶対プラスになるから大丈夫。だから今はゆっくり休んで、自分のことだけに専念してください』

うつ病になった自分を悔やみ、ただの甘えなんじゃないかと自分が嫌になり、少しのことでイライラして。そんなサイクルの自分を肯定してくれたこの言葉は、本当に心の支えになりました。まだ完治したわけではありませんが、不安になったときに思い出して、持ちこたえることができました。

大切なことは、今の自分を肯定できる余裕なのかも知れない

うつ病を受け入れることの大切さを気付かせてくれた言葉でした。それまでは、「こんなはずじゃない」「俺のせいじゃない」など環境や人のせいにしていました。だけど、この言葉が何度も頭の中を駆け巡る中で少しずつ変わっていきました。大切なことは、この出来事を受け止めて、次に進めばいいんだと。

残念ながら、この記事を書いている時点では明確に次に進むための道筋が見えていません。ですが、うつ病を挫折とは考えず、ポジティブに受け止めて、次のステージへ進みたいと思っています。

同じように悩んでいる方には、この言葉で少しでも前向きな気持ちになってもらいたいです。

ページTOP ↑