うつ病の初期症状に見られる変化

[公開日] [更新日]

knowhow-0005

最近なんだか体の疲れが取れないな……。など、うつ病の初期に見られる症状を教えます。

身体からが教えてくれるサインを見逃さなでくださいね。初期で気が付ければ、軽い症状のうちに治るかも知れません。

最近なんだか変。これがうつ病の初期症状?

  • やけに体が重い
  • 寝ても体の疲れが取れない
  • 頭痛がする
  • やたらと喉が渇く
  • 呼吸がなんだかしづらい
  • 胸のあたりがチクチク痛む

うつ病の初期にはこんな異変が見られます。少しでも精神的な部分で思い当たる節があれば、疑ってみましょう。本当に内臓などが弱っているケースもあると思いますので、まずは内科などを受信されることをお勧めします。

うつ病の初期症状を放置すると危険!

もっと悪化する恐れがありますし、悪化してからのがやはり完治するまでに時間が掛かるでしょう。いかに、ストレスとなる原因から離れることができるかがポイントです。今はまだ大丈夫と思っている人が危険です。急に悪化することがあります。症状が重くなると起き上がれないほどからだに倦怠感が出てきます。また、身体に症状が出ることで、今度は反対に心までもが弱ってきます。負の連鎖がはじまると自分ではどうしようもありません。

なんだか嫌だなと感じても、心療内科の先生に診てもらうことをおすすめします。

うつ病はあなたの思考を停止させます!

うつ病を患っている人は、思考も一般の方に比べて動きがにぶくなっています。集中力の低下などがみられます。何をしても手が付かず、中途半端になってしまうのは、うつ病が原因の可能性があります。

うつ病の症状を軽減するには?

一番大事なことは、ストレスとなる原因から離れることです。二つ目は診療内科やカウンセリングなどを受けてみましょう。最初の二つがすぐに実行するのが難しいのであれば、自分を追い込むことはやめましょう。やりたくないこと、行きたい場所には行かないようコントロールすることが大事です。

まさかですが、うつ病は急に悪化する場合があります。今まで守ってきたものが崩壊するかも知れません。しかし、起きてしまったらすべて受け入れなければなりません。そうなる前に気が付き、適切な対処をすることが一番大事なのです。

ページTOP ↑