ストレス耐性とうつ病

[公開日] [更新日]

knowhow-0011

メンタルを鍛えてストレス耐性を付ければ、うつ病にはならないんだろうか?
調べてみたところ、私の予想とは違う結果に行きついた。同じようなことを疑問に持たれた方はたくさんいるだろうと思い、今回ストレス耐性について書いてみた。

メンタル強化は可能?

ストレス耐性に強い心と体へ鍛えていけば、うつ病の発症リスクは低くできるのではないか……。そして、もう二度とうつ病になりたくない!なんて考えの元メンタル強化を考える人は少なくないはずです。何を隠そう私もそのうちの一人でした。

調べていくとどうやら脳の中の扁桃体というところが鍵を握っているらしことが分かりました。その扁桃体が刺激され続けると、うつ病になったりするそうです。なので、扁桃体が刺激されないような耐性を付ければよいみたいです。

ただ扁桃体を刺激しない耐性は、大体の強さがすでに遺伝で決まっているようです。また、耐性を強化できるチャンスは、成長段階までのようです。

大人は「扁桃体を刺激しない耐性を付ける」方法ではメンタル強化をすることは、ほぼ不可能とのことが分かりました。残念…

果たして本当に大人のメンタル強化は不可能なのか……

あったメンタルを強くする方法!

大人にもできることありました。その方法とはストレスを溜めこまないことです。

確かにメンタル強化とはニュアンスは違います。ただ、うつ病にならないためという目的は一緒なので、この方法で考えて行きたいと思います。

耐性をつけることは不可能でも、ストレスの原因を見極めて「いなす、かわす」ことは大人になった今の方が上手にできるはずです。

趣味を楽しむ、買い物する、おいしいものを食べるなど、「いなす、かわす」方法はなんでもいいと思います。ポイントは「楽しい時間を増やす」です。どれだけストレスを溜めこまないでいられるかが大切です。

それでも不安な人はいい方法があります。体を動かして体を鍛えることです。心と体は繋がっていて、体を鍛えると、なぜだか「心」にも自信出てきます。

最後はモラハラとストレス耐性について

私はモラハラが原因でうつ病になりました。その私の体験を元にした考えです。

モラハラは今回のテーマであるストレス耐性を付けたからといって問題が解決するわけではありません。

もしあなたが今現在モラハラを耐えるために、何か自分を変えていこうと思い、メンタル強化を模索しているのであれば、やめることをお勧めします。

というのも、もの凄くメンタルを鍛えたからといってモラハラには勝てないからです。なぜなら本当に長い時間を掛けてあなたの心をえぐっていく行為がモラハラだからです。耐性があるにこしたことはありませんが、モラハラを耐えることは努力でもなんでもありません。

あなたが考えるべきことは、モラハラから逃れる方法を考えてみることです。

ページTOP ↑