仕事に行きたくないときの対処法

[公開日] [更新日]

今日は仕事に行きたくない

長期休暇後の月曜日を憂鬱に過ごされた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。かくゆう私もそんなうちの一人です。

ブルーマンデーなんていう言葉があるくらいです。きっとたくさんの人が抱えている悩みなんでしょうね。

今回の記事では「仕事に行きたくないときの対処法」をまとめたいと思います。

原因を知る。なぜ仕事に行きたくないのか?

なぜ仕事に行くのが嫌なのか、知っておく必要があります。何事も原因を明確にせず曖昧なままほったらかしてしまうと、同じ感情に悩まされ続けます。

原因として考えられるのは、会いたくない人がいる。もしくは、会社という場所が居心地が悪いなどが考えられます。人によっては仕事にやりがいを感じられずといったことも原因になっているかも知れません。複数の要因が重なっている人もいるでしょう。

たとえば、会いたくない人がいるならば、いっそ嫌われてしまいましょう。嫌われるかもしれないと思っているから、気になってしまいます。少し乱暴な考え方な気がしますが、嫌われてもいいやと考えたほうが、気が楽になります。

悩みに対しては、不真面目くらいがちょうどいい

何かしらの原因で仕事に行きたくなくなるくらい憂鬱になるということは、あなたが正面から悩みを受け止め過ぎているからです。悩みの原因は特定すべきですが、解決しようと考えなくても問題ありません。むしろ、それが悩みを解決することが重荷になっていることに気がつきましょう。

[スポンサーリンク]

ココナラでお悩み相談・カウンセリング

なんとなく前の日から準備する。生活習慣を乱さない

休暇明けの前日は、生活リズムを戻すことを頭の片隅に入れておきましょう。睡眠不足や暴飲暴食は、月曜日の朝に反動がきます。特に大型連休などは意識しましょう。休みが長ければ長いほど、準備期間は確保しておきます。

ゴロゴロと寝すぎも注意!

特に睡眠は重要です。取らな過ぎも問題ですが、寝すぎも問題です。ゴロゴロした休日ほど、休み明けが憂鬱なのは生活リズムが崩れている証拠です。休みの日ぐらいと考えがちですが、睡眠は摂りすぎもよくないことを心得ておきましょう

仮病で嘘をついて休んだときを妄想してみる

私はよくこの妄想をしてみます。嘘をついて休むと返って面倒ですよね。罪悪感ももちろんありますし、仕事もたまる一方なので、結論として「行ったほうがまだまし」と自分の感情を誘導するのです。それに、月曜日休めば結局は火曜日の朝が嫌になるだけです。先延ばしするくらいなら月曜日に嫌な気持ちを終わらしてしまいましょう。

仕事に行きたくないときの対処法まとめ

いかがだったでしょうか。ポイントは3つです。一つ目が「原因を特定する」ということ。考えが整理されれば、スッキリする部分もありますし、対処もできます。二つ目のポイントは「生活リズムを崩さない」です。生活リズムは本当に大切です。特にうつ病などで、精神的に不安的なときが多い方は、一番のポイントに成り得ます。最後の三つ目は「仕事に行ったほうがましという結論に持っていく」です。

ちょっとした考え方や準備で、嫌な休み明けもぐっと楽になります。是非今回ご紹介した方法を試してみてください。

ページTOP ↑