モラハラ夫との別居はあり?それともなし?

[公開日] [更新日]

モラハラ夫から逃げる非常口はこちら

本心ではモラハラ夫と離婚したいと考えているけど、家族や今後の生活のことを考えるときびしいですよね。せめて別居でもと考えている人も多いはずです。今回の記事では、モラハラ夫との別居のメリット、デメリット、そして別居が「あり」なのか、「なし」なのかについて書いてきたいと思います。

[スポンサーリンク]

ココナラでお悩み相談・カウンセリング

モラハラ夫と別居するメリット・デメリット

別居を切り出すのだって、相当勇気が必要ですよね。あまりの恐怖に二の足も踏むというものです。せっかく勇気を振り絞ってモラハラ夫と別居するならば、それ相応のメリットがほしいものです。

最大のメリットは「物理的な距離」が遠ざかる

なんと言っても最大のメリットは、旦那さんと物理的な距離がとれることです。帰る家が違えば、顔も見ないで済みますし、いやな言葉を投げつけられることも無くなります。生活費の面がクリアされているのであれば、離婚の前に別居することもありなのかも知れません。特に小さなお子さんがいる方であれば、いきなり離婚ではなく、別居するのもよい選択かも知れませんね。

最大のデメリットはモラハラが「エスカレート」するかもしれないこと

では、続いて別居するデメリットを考えてみましょう。半永久的に別居できればよいのですが、数か月とか期間が定められた別居であれば、いつか夫の元へ帰る日が訪れます。モラハラする人は基本的には治らないことが多いため、戻った後にまたモラハラがはじまる確率は高いでしょう。しかも、旦那さんが別居したことを根に持っていたとすれば、必ずモラハラはエスカレートするはずです。

結局どっち?モラハラ夫とは離婚それとも別居がいい

結局はモラハラ夫といる限り平穏は訪れません。我慢、我慢の人生が待っているだけです。モラハラ夫と離婚するのが正解なのか、別居が正解なのか、答えを書いて行きたいと思います。

モラハラ夫とは一生会わないに限る!離婚して新たな人生を手にする

ずばり、モラハラが直る確率より治らない確率のが高いことを考えると、離婚を選ぶべきでしょう。 あなただけのことを考えればそれがベストな選択です。別居して一時的に平和な生活を取り戻すより、離婚した方が建設的です。

前回の記事(モラハラ夫と亭主関白の違い)の中でも書きましたが、離婚に向けてモラハラの証拠を残しながら、生活面での問題(収入など)をクリアしながら準備を進めてください。子ども、家族のことを考えるのはそれからでも遅くないはずです。私自身も子どもを持つ身ですが、子どもは思ったよりもたくましいですし、モラハラ夫とあなたの関係をみて育つメリットは何もないでしょう。

もし仮にあなたが別居を選ぶなら、それはいつ、どんなとき?

別居を選ぶケースもあると思います。私が考えるに、現時点でもうモラハラがエスカレートしていて、あなた自身に余裕が1ミリもないときです。こんなときは、後のことは考えずに実家など逃げる場所を確保しだい、モラハラ夫の側から逃げ出すことがよい選択だと思います。

モラハラ夫で悩んでいる人は、離婚を最善の選択と考え、緊急度が高いときは別居を選択するのがよいのではないでしょうか。

ページTOP ↑